-以下PR TIMESより-

一般社団法人鳥取県eスポーツ協会(本社:鳥取県鳥取市、代表理事:渡部 裕介)は、2021年3月16日(火)よりナイジェリアeスポーツ協会・アフリカeスポーツ連盟(本社:Lagos, Nigeria、President(CEO):Emmanuel Oyelakin)との戦略的提携を締結するに至りましたので、下記の通りお知らせいたします。

提携PR動画URL:

■提携の目的

鳥取県eスポーツ協会とナイジェリアeスポーツ協会・アフリカeスポーツ連盟は、日本とナイジェリア(およびアフリカ全体)の今後のeスポーツの発展について意見交換し、eスポーツによる社会問題の解決を実現させるために本提携に至りました。
本提携は、日本人とアフリカ人だけでなく、世界中のより多くの方に社会問題に目を向けるキッカケになりたいという想いから両者間の合意で締結されたものです。
この試みは、世界から差別を無くそうと努力し、人類皆平等と平和を心から願う。そんな団体でありたいという意味も込められています。
また、互いの経験や文化を共有するだけでなく、友好的でありながら切磋琢磨し合える関係を築き、相互に協力し合い、日本とアフリカのeスポーツコミュニティの架け橋になることも目指していきます。

■提携に至るまでの背景・経緯
鳥取県eスポーツ協会がeスポーツで目指すのは、設立当初から変わらず、eスポーツをきっかけに世界に目を向け、そして世界への挑戦をサポートすることです。
そのために2020年12月にeスポーツ×教育事業 (ゲーミング英会話「eスポーツ×英語×プログラミング」教育によるグローバル人材育成サービス) をリリースしました。
そして教育事業を進めていく中で、教育を受けた先の未来を考えるのと同時に、教育を受ける以前の問題にも目を向けるようになりました。
世界中の人に教育の大切さを伝えるためには、教育を受ける以前の問題となっている社会問題にも目を向け、解決すべきだと考え、代表の渡部からEmmanuel氏に直接コンタクトをとり、想いを伝え本提携に至りました。
eスポーツをキッカケに国境を越え、人種差別を始めとしたあらゆる社会問題の解決に挑み、世界の平和を願い、そして伝えていくことが今の私達にできることなのではないかと考えています。

■本当の意味でのボーダーレス
eスポーツは年齢・性別・国籍・身体的ハンディキャップ問わず、誰でも楽しむことができるものだと言われています。ですが、私達は実際に再現(表現)できている団体が世界にもまだまだ少ないと感じていました。
eスポーツにはまだ見ぬ無限の可能性が眠っており、同時に表現方法や伝え方は無限にあると考えています。
現代はテクノロジーの発展により、eスポーツに限らず自身の事業や作品、アートや映画などに想いをのせて世界に届けることもできます。私達はeスポーツもビジネスもある種の表現ツールだと考えています。
eスポーツは直接的な言葉では伝えられないことを伝えることができ、そして広めていくことができると信じています。
私達はeスポーツに「社会問題の解決・平等・平和」という想いをのせて新しい形で表現していきます。
この試みは、私達が目指す本当の意味でのeスポーツによるボーダーレス化の第一歩だと考えています。

■具体的な提携内容
互いの文化・経験・情報・ネットワーク・人材・スキルの共有
eスポーツイベントの共催
eスポーツによる世界の社会問題解決を目指すための共同活動
日本とアフリカの架け橋になり、今後のeスポーツの発展ための協力
その他PR活動
友好的でありながら切磋琢磨し合える強固な協力関係を目指します。

■海外進出へ向けた最近の活動
鳥取県eスポーツ協会は2020年12月のゲーミング英会話のリリースを皮切りに本格的に​海外進出を目指している。2021年2月には、鳥取県eスポーツ協会の運営するeスポーツチームTeSA GAMINGにて、国内初メキシコ在住メキシコ人eスポーツプレイヤー「Leyendalml」選手の加入。2021年3月にはeスポーツ国際団体WESCO(World Esports Comsortium)に日本人初となる加盟、同時にWESCO日本支部創設。同月ナイジェリアeスポーツ協会、アフリカeスポーツ連盟と提携を結び、eスポーツで世界の社会問題に挑む。
近日中に提携を記念した日本×ナイジェリアのeスポーツの親善試合を行う予定。

「eスポーツ×英語×プログラミング」教育によるグローバル人材育成サービス「ゲーミング英会話」


URL:https://gaming-english.com

日本初メキシコ在住メキシコ人プレイヤー「Leyendalml」選手の加入

eスポーツ国際団体WESCOへ日本のeスポーツ団体として初加盟

【鳥取県eスポーツ協会会社情報】
会社名:一般社団法人鳥取県eスポーツ協会
本社所在地:鳥取県鳥取市興南町45
運営eスポーツ施設:鳥取県鳥取市千代水3-40
代表者:渡部 裕介
設立:2019年10月
鳥取県eスポーツ協会URL:https://tottori-esports.com
ゲーミング英会話URL:https://gaming-english.com
ゲーミング英会話公式LINE:https://lin.ee/hA3eA57​
事業内容:eスポーツイベント企画制作事業、eスポーツチーム「TeSA GAMING」運営、eスポーツ施設運営、地方創生事業、グローバル人材育成サービス「ゲーミング英会話」運営

【ナイジェリアeスポーツ協会・アフリカeスポーツ連盟会社情報】
会社名:Esports Nigeria(ナイジェリアeスポーツ協会),Esports Federation of Africa(アフリカeスポーツ連盟)
本社所在地:Richmond Gate Estate, Lagos, Nigeria
代表者:Emmanuel Oyelakin
設立:Esports Nigeria-2019年3月、Esports Federation of Africa-2018年8月
URL:https://esportsnigeria.org/
アフリカeスポーツ選手権( https://aec.africa/ )
事業内容:eスポーツチーム運営、eスポーツリーグ運営、eスポーツイベント企画制作事業

■Emmanuel Oyelakin氏について

Esports Nigeria President Emmanuel Oyelakin

アフリカ、ドバイで数々の事業やサービスを立ち上げる連続起業家
Esports Nigeria(ナイジェリアeスポーツ協会): Founder / President
Esports Federation of Africa(アフリカeスポーツ連盟): Founder / President
​WESCO(World Esports Comsortium) 国際諮問委員会 アフリカ支部会長
Africa Esports Championsip (アフリカeスポーツ選手権): Founder / President
Nigeria Esports league(ナイジェリアeスポーツリーグ): Founder / President
League of Xtraordinary gamers(プロゲーミングチーム) : Founder / Presiden

提供 –PR TIMES